トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

金柑の香り

幼いころ、お正月が近づくと

母が、庭で採れた金柑を甘く煮ていました。

ストーブにかけてコトコトと。台所に立ち込める金柑の香り。

出来上がった実はおせち料理の一品に

シロップは喉が痛いときに飲まされた記憶があります。

ほろ苦くて、子供のころは好きではなかったけれど

今では寒くなって金柑が手に入ると自分で煮るようになりました。

お菓子にも使いたいので、今回はスライス。

種を取り除き

Photo

はちみつときび砂糖を加え、あくを取りつつコトコト。

艶良く煮えました。

Photo_2

ロシアンティーみたいに紅茶にいれてみると

Photo_3

ほろ苦さは消え、ほんのり金柑の香りのする

懐かしいようななんだかじんわりとくるお茶になりました。

これ、冬のメニューにしよう。 

2011年3月29日 (火)

水玉丼

午前中は暖かい陽気でしたが、昼過ぎからなんだか寒いような。

天気の変わりやすいこのごろですが、桜はすこしつづ花をつけています。

念願の水玉の丼を3つだけ入手できたと思っていたら

あっというまに集まって、全部で10個を超えました。

72808093_v1301303113

私物として大切に使おうと思っていたのですが

これで、水玉食堂にて丼ものが提供できそうです。

柔らかい春キャベツを使い、さっくり揚げたカツと合わせたソースカツ丼や

もうじき旬のあさりをたっぷり使った深川丼なんていいなぁと

今のメニューがたくさん浮かびましたが

オープンする時期は6月。初夏らしい丼メニューになることでしょう。

昨日、メルカート3番街の決起集会と入居者会議が行われました。

参加された皆様からよい刺激を受けて

水玉食堂も準備、がんばりたいと想いを新たにしました。

2011年3月26日 (土)

うれしいお手紙

メールやツイッターなど、便利なツールが溢れていますが

お手紙、いただくと非常にうれしいものです。

先日、豆をお願いた珈琲豆屋さんを訪れました。

お話を伺いながら何種類もの珈琲を淹れていただき

飲み比べながら味わいの深さや香りの違いを実感。

焙煎について、とても強い想いをもたれている店主さまの気持ちを伺い

水玉食堂にて、そのような珈琲でおもてなしできたらどんなにいいだろうと

焙煎したての豆を携え、帰りました。

挽きたての豆をハンドドリップで一杯立てでいただく珈琲のおいしさの中には

そんな珈琲豆屋さんの気持ちがたくさんつまっています。

昨日、届きました珈琲豆屋さんからのお手紙。

Photo_8

水玉食堂の宝物になりました。

そして、メニューにオムライス絶対いれようと

心に誓ったのです。

2011年3月25日 (金)

ビル改装中です。

水玉食堂が入居します、北九州魚町の中屋ビル。

ただいま改装工事中です。

Photo_5

この螺旋階段の上がお店になります。

少し見えている、ビルの表の床タイル

Photo_6

水玉なのです。

ちょっとだけ、中を。

Photo_7

古くからある梁はそのまま残ります。

すごい存在感です。

この中にどのようなお店ができあがるのか

私たちも楽しみなのです。

2011年3月22日 (火)

季節の仕事

水玉食堂では、季節ごとに果物やお漬物などを漬けます。

春はフルーツの季節。

20110322_164440_2

少し暖かくなってきましたので無農薬のりんごは酵母に

いちごはシロップに。

無農薬レモンはレモンチェッロに。

自家製のフルーツのシロップは香りもよいです。

シロップの残りイチゴはハチミツと煮詰めてジャムに。

Dsc_0326

暖かいイチゴミルクと一緒にお腹あたたまる朝ごはんでした。

春になると、サクラの塩漬け、葉っぱの塩漬け

スミレシロップなど、季節仕事がたくさん待っています。

2011年3月20日 (日)

はじめまして、水玉食堂です

北九州は小倉、魚町の中屋ビルに

新しい命が吹き込まれます。

「メルカート三番街」http://www.mercato3.com/

2階は螺旋階段の上で体と心に染み入る食堂カフェとして

入居することとなりました。

オープンは6月ですが、それまでの日々や

水玉食堂のできるまで

また、活動などをつづっていこうと思います。

トップページ | 2011年4月 »